ゆうこりんが失明の危機! 眼科検診を受けていますか?

最近ママタレントとしてメディアに引っ張りだこの小倉優子「ゆうこりん」に失明の危険があるという。先日見た医療バラエティー番組でゆうこりんが目を検診され緑内障の疑いがあると判定された。

番組では通常の眼科診療の手順に沿って視力眼圧測定、目の表面から眼底まで眼科医が診察し異常所見の有無をチェックしていました。コンタクトレンズの長時間装用が原因の角膜上皮障害を指摘された後、眼底検査に進みました。そこで診察医が神妙な面持ちで「追加検査の必要があります。」とコメントし、ゆうこりんは別室へ誘導されていきました。コマーシャル後に眼底写真が提示され視神経乳頭陥凹拡大が指摘され、追加検査にて緑内障の疑いがあると判定されました。

視神経乳頭陥凹拡大とは視神経の眼球の出口(視神経乳頭)にある小さなくぼみの面積が正常人と比し拡大している際に用いられる眼科用語です。これを来す代表的疾患が進行性の視野欠損を生じる緑内障であり、視神経乳頭陥凹拡大とはすなわち緑内障疑いと判定されたということです。ゆうこりんの目にも視野欠損が認められるも、先天的な欠損の可能性もあるとのことで定期検査を勧められるに留まりました。

緑内障だった場合、適切な治療がなされなければ視野欠損が徐々に進行し最終的には失明に至る事もあります。現在日本では40歳以上の20人に1人が緑内障に罹患しているとされ、日本における中途失明を来す眼疾患の第1位です。

近年日本では検診の重要性が浸透しており、多くの人が自主的に検診を受けています。眼底検査で「視神経乳頭陥凹拡大」とコメントされた検診結果を持参した方が日々当院を訪れます。通常の診察にて所見を確認し、近年眼科診療において必須となったOCTという機械の緑内障検査プログラムおよび昔ながらの視野検査にて緑内障か否かの確定診断を試みます。ここで何より強調したいのはこの時点で緑内障による障害である視野狭窄および視力低下といった自覚症状を有している方はほぼ皆無ということです。通常緑内障による障害は病気がかなり進行したステージになってようやく自覚されます。他の病気と大きく異なり緑内障による障害は治療により改善することは不可能で、診断がついた時点での障害を進行させない事が最良の治療結果です。早期発見・早期治療開始が何より重要な眼疾患が緑内障です。

より多くの人が検診を受ける機会を得ることで病気の早期発見早期治療が成され、進行した障害を回復させる画期的な治療法の発見が望まれます。

こりん星(ちょっと古いか)は滅亡の危機を回避しました。四十の声が聞こえたら眼科検診を受けましょう。